豊かな水がある暮らし、
でもいつのまにか手に触れて実感することがなくなって、
自然ととにあるよろこびさえも失っている、
水のまち 郡上八幡では、
先人たちが培ってきた水との交感が、
まちの”かたち”となって残ってる、
その恵みの不思議さを未来へのメッセージとして。

  

豊かな水がある暮らし、
でもいつのまにか手に触れて実感することがなくなって、
自然ととにあるよろこびさえも失っている、
水のまち 郡上八幡では、
先人たちが培ってきた水との交感が、
まちの”かたち”となって残ってる、
その恵みの不思議さを未来へのメッセージとして。

  

豊かな水がある暮らし、
でもいつのまにか手に触れて実感することがなくなって、
自然ととにあるよろこびさえも失っている、
水のまち 郡上八幡では、
先人たちが培ってきた水との交感が、
まちの”かたち”となって残ってる、
その恵みの不思議さを未来へのメッセージとして。